[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
  TOPICS
key from
ご利用法
All(全情報) 厚労省&日薬情報 新聞見出し その他情報
緊急安全性情報 医薬品等安全性情報 添付文書改訂 薬価収載等
[ 直近の 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
薬事日報    じ ほ う    医薬経済    日経メディカル

All(全情報)(41~60) back:21~  down

19/07/01 ホームページ/ノバルティス ファーマ/プレスリリース

「タシグナ」治療後の長期無治療寛解と、治験薬 Asciminib(ABL001)の併用療法の有望なデータにより、ノバルティスのCMLにおける革新的な取り組みがさらに前進
ENESTfreedom試験とENESTop試験の2つの第II相試験の結果は、タシグナ治療中止後の分子遺伝学的奏効の長期持続に関するこれまでの知見を強調し、多くの慢性骨髄性白血病患者における薬剤投与期間を短縮
複数の治療歴がある慢性期のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病患者を対象として、asciminibとイマチニブ、ニロチニブ、またはダサチニブとの併用を評価する新たな第I相試験のデータは、分子遺伝学的奏効の可能性と良好な忍容性プロファイルを示す

  同内容(ノバルティス) 、 ご紹介:ノバルティス ファーマ

19/06/28 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリース

リリー、トルツ(イキセキズマブ)がアダリムマブに対し良好な結果を示したと欧州リウマチ学会議において発表 - 活動性乾癬性関節炎患者さんを対象とした直接比較優越性試験(SPIRIT-H2H試験)にて

  同内容(リリー) 、 ご紹介:日本イーライリリー

19/06/27 ホームページ/アッヴィ/プレスリリース

関節リウマチを対象とするウパダシチニブの第III相試験における投与48週時の臨床的寛解を含む、新たな長期データを欧州リウマチ学会議(EULAR)で発表
SELECT-EARLY試験およびSELECT-COMPARE試験のデータにおいて、ウパダシチニブが単剤療法またはメトトレキサート(MTX)の併用療法で、それぞれMTXまたはアダリムマブ+MTXと比べて、投与48週時に臨床的寛解を維持している患者さんの割合が有意に高いことを示す
SELECT第III相臨床プログラム5試験の併合安全性解析の結果が、中等度から重度の活動性関節リウマチ患者さんに対するウパダシチニブの特徴づけられた安全性プロファイルを支持
アッヴィが開発している経口選択的JAK1阻害薬ウパダシチニブは、中等度から重度の活動性関節リウマチおよび他の複数の免疫関連疾患に対する1日1回投与の治療薬として試験を実施中

  同内容(アッヴィ)pdf 、 ご紹介:アッヴィ

19/06/27 ホームページ/ノバルティス ファーマ/プレスリリース

ノバルティス、抗IgE抗体製剤「ゾレア」の新剤形を発売

※プレフィルドシリンジ製剤「ゾレア皮下注用75mgシリンジ」、「ゾレア皮下注用150mgシリンジ」

※6月27日発売

  同内容(ノバルティス) 、 ご紹介:ノバルティス ファーマ

19/06/27 ホームページ/中外製薬/ニュースリリース

FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル、ロズリートレクのコンパニオン診断としての承認を取得
がん種を問わない次世代シークエンサーによるコンパニオン診断として、日本で初
NTRK融合遺伝子を検出することにより、ロズリートレクの適応判定が可能に
NTRK融合遺伝子の発現は非常に稀で、成人や小児の様々な固形がんや肉腫で確認されている

  同内容(中外) 、 ご紹介:中外製薬

19/06/27 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリース

EMPA-REG OUTCOME試験の新たな事後解析から、顕性蛋白尿を伴わない慢性腎臓病を有する成人2型糖尿病患者において、ジャディアンス(エンパグリフロジン)投与による心血管・腎疾患のリスク低下が示される

  同内容(リリー) 、 ご紹介:日本イーライリリー

19/06/25 ホームページ/MSD製薬/ニュースリリース

β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤 「ザバクサ配合点滴静注用」発売のお知らせ

※6月25日発売

  ご紹介:MSD製薬

19/06/25 ホームページ/アストラゼネカ/プレスリリース

アストラゼネカのアカラブルチニブ (Calquence) 、 再発又は難治性慢性リンパ性白血病患者さんの無増悪生存期間を有意に延長 - 12カ月時点で無増悪を維持した患者さんの割合は、アカラブルチニブ単剤群88%、イデラリシブとリツキシマブ又はベンダムスチンとリツキシマブとの併用群68%

  同内容(アストラゼネカ) 、 ご紹介:アストラゼネカ

19/06/25 ホームページ/医薬品医療機器情報提供HP(PMDA)

令和元年度 新医薬品の承認品目一覧(令和元年6月18日まで)

  同内容(PMDA)pdf

19/06/25 ホームページ/小野薬品、ブリストル(BMS)/ニュースリリース

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、切除不能な肝細胞がん患者を対象にファーストライン治療薬としてオプジーボを評価した CheckMate -459 試験の結果を発表

  同内容(小野)pdf 、 同内容(ブリストル)pdf

19/06/25 ホームページ/大日本住友製薬/ニュースリリース

2型糖尿病治療剤 Imeglimin の日本でのフェーズ3 試験(TIMES 3 試験)の良好な解析結果の速報について

  同内容(大日本住友製薬)pdf 、 ご紹介:大日本住友製薬

19/06/25 ホームページ/第一三共/ニュースリリース

造影剤4製品の国内製造販売承認の承継について

  同内容(第一三共) 、 ご紹介:第一三共

19/06/24 ホームページ/アストラゼネカ/プレスリリース

アストラゼネカのLokelma、血液透析治療中の末期腎不全患者さんに対する高カリウム血症の治療効果を示す - 後期第V相DIALIZE試験結果を発表 主要評価項目である血液透析前の血清カリウム値を正常域に維持した患者さんはプラセボ投与群の1%に対し、Lokelma投与群では41.2%

  同内容(アストラゼネカ) 、 ご紹介:アストラゼネカ

19/06/24 ホームページ/アッヴィ/プレスリリース

アッヴィ、スキリージ(リサンキズマブ)による皮膚症状の完全消失維持を示す新たな2年間のデータを第24回世界皮膚学会議にて発表
IMMhance試験の長期結果において、スキリージ(リサンキズマブ)の投与28週時にsPGA 0/1を達成し、94週時まで投与を継続した患者さんのうち、皮膚症状の完全消失の指標であるsPGA0およびPASI 100を達成したのは、それぞれ73%および72%
投与2年時(104週時)で新たに認められた安全性に関する所見はなし[1]
スキリージはIL-23のp19サブユニットに結合し、IL-23を選択的に阻害するよう設計されたヒト化免疫グロブリンG1(IgG1)モノクローナル抗体で、全身療法の対象となる中等症から重症の尋常性乾癬成人患者さんの治療法として欧州医薬品庁により承認済み

  同内容(アッヴィ)pdf 、 ご紹介:アッヴィ

19/06/24 ホームページ/ノバルティス ファーマ/プレスリリース

ノバルティスの「タフィンラー」「メキニスト」併用療法、転移性悪性黒色腫において、長期的な生存ベネフィットを示す

  同内容(ノバルティス) 、 ご紹介:ノバルティス ファーマ

19/06/24 ホームページ/ベーリンガーインゲルハイム(BI)、日本イーライリリー/プレスリリース

CAROLINA試験の結果によりトラゼンタRの長期的な心血管安全性が示される
CAROLINAR試験は心血管疾患の既往もしくは心血管イベントリスクのある、早期の2型糖尿病患者を対象とした心血管アウトカム試験です。また、DPP-4阻害薬の心血管アウトカム試験において、唯一、実薬(グリメピリド)との比較検証を行いました。
トラゼンタ(一般名:リナグリプチン)はCAROLINAR試験において、グリメピリドと比較して心血管リスクを増加させないことが示されました。
重要な副次評価項目では、グリメピリド群と比較して、トラゼンタ群の低血糖の発現割合は有意に少なく、また体重減少が認められました。

  同内容(BI) 、 同内容(リリー)

19/06/20 ホームページ/サノフィ/プレスリリース

サノフィ、基礎インスリンで血糖コントロール不良の2型糖尿病患者を対象としたiGlarLixi(インスリン グラルギン/リキシセナチド配合剤)の試験で良好な結果を発表

  同内容(サノフィ)pdf 、 ご紹介:サノフィ

19/06/20 ホームページ/医薬品医療機器情報提供HP(PMDA)

安全対策に関する通知等(医薬品)/医薬品の安全対策に関する通知等
ラブリズマブ(遺伝子組換え)製剤の使用に当たっての留意事項について (令和元年6月18日 薬生薬審発0618第9号)

  同内容(PMDA)pdf

19/06/20 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリ

リリー、新規の超速効型インスリン、ヒューマログ(インスリン リスプロ)との比較において同様のHbA1c低下と優れた食後血糖値の抑制を示す - 第79回米国糖尿病学会学術集会にて1型および2型糖尿病患者を対象とする重要な第III相試験結果を発表

  同内容(リリー) 、 ご紹介:日本イーライリリー

19/06/19 ホームページ/MSD製薬/ニュースリリース

リムパーザ、BRCA遺伝子変異陽性卵巣がんの初回治療後の維持療法として適応を拡大
FDA、KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)について新たに2件の適応追加を承認、転移性または切除不能再発性頭頸部扁平上皮がんを有する患者のうちPD-L1発現陽性(CPS≧1)患者に対する単独療法、またはPD-L1発現の有無にかかわらずプラチナ製剤およびフルオロウラシル(FU)との併用療法による初回治療薬として承認を取得

  ご紹介:MSD製薬



薬剤師におすすめ



最新刊の概要も!!



back:21~  up:41~  next:61~

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番