[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
  TOPICS
key from
ご利用法
All(全情報) 厚労省&日薬情報 新聞見出し その他情報
緊急安全性情報 医薬品等安全性情報 添付文書改訂 薬価収載等
[ 直近の 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
薬事日報    じ ほ う    医薬経済    日経メディカル

All(全情報)(21~40) back:1~  down

17/11/17 ホームページ/中外製薬/ニュースリリース

HEMLIBRA(エミシズマブ)、FDAよりインヒビター保有の血友病Aに対する承認を世界で初めて取得

  同内容(中外) 、 ご紹介:中外製薬

17/11/17 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリース

ACR/ARHP 2017:リリーのトルツ(イキセキズマブ)の長期使用により、TNF阻害剤に対して効果不十分又は忍容性がない関節症性乾癬患者において有効性が改善することが示された - トルツ投与52週時点で、皮膚病変の消失 など重要な副次評価項目にも改善が認められた

  同内容(リリー)pdf 、 ご紹介:日本イーライリリー

17/11/16 ホームページ/小野薬品、ブリストル(BMS)/ニュースリリース

オプジーボと開発中のIDO1 阻害薬BMS-986205 の併用療法が、第T/Ua相CA017-003 試験において、複数の治療歴を有する進行がんの患者で有望な奏効を示す
膀胱がんおよび子宮頸がんのコホートにおける抗腫瘍効果のデータが初めて発表され、奏効率は、膀胱がんで32%、子宮頸がんで14%でした。PD-L1 発現レベルが1%以上の患者における奏効率は、膀胱がんで46%、子宮頸がんで25%でした。
増殖性細胞傷害性T 細胞数の増加およびキヌレニン産生の低下も示され、腫瘍内における免疫調節のエビデンスが得られました。
安全性プロファイルは、これまでに報告されたBMS-986205 とオプジーボの併用療法のデータと一貫していました。

  同内容(小野)pdf 、 同内容(BMS)pdf

17/11/15 ホームページ/ヤンセン ファーマ/プレスリリース

ステラーラ(ウステキヌマブ)を投与した中等症から重症のクローン病患者における1週間以内の症状改善を示唆する最新データを発表

  同内容(ヤンセン) 、 ご紹介:ヤンセン ファーマ

17/11/15 ホームページ/第一三共/ニュースリリース

米国心臓協会(AHA)で発表した抗凝固剤「エドキサバン(製品名:リクシアナ錠)」のENGAGE AF-TIMI 48試験における新規サブグループ解析結果について

  同内容(第一三共) 、 ご紹介:第一三共

17/11/15 ホームページ/武田薬品/ニュースリリース

悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス」のCD30陽性皮膚T細胞リンパ腫に対する欧州医薬品評価委員会(CHMP)からの承認推奨の見解について‐アドセトリス投与群において、「4ヶ月以上にわたる持続的な客観的奏効率」、「無増悪生存期間の中央値」、「症状軽減」の評価項目で統計学的に有意な改善を示した臨床第3相試験ALCANZA試験の結果に基づく見解‐

  同内容(武田) 、 ご紹介:武田薬品

17/11/14 医薬品等安全性情報348/厚労省医薬食品局(PMDA)

【1】重篤副作用疾患別対応マニュアル改定事業について
【2】家庭用電気マッサージ器による事故の防止について
【3】重要な副作用等に関する情報。
◆レベチラセタム(イーケプラ)..重大な副作用:悪性症候群。
◆リナグリプチン(トラゼンタ)..重大な副作用:間質性肺炎。
【4】使用上の注意の改訂について(その289)レベチラセタム 他(8件)
【5】市販直後調査の対象品目一覧。

  同内容(PMDA)pdf

17/11/14 ホームページ/ノバルティス ファーマ/プレスリリース

ノバルティスのbrolucizumab(RTH258)、主要な失明原因であるnAMDにおいて、主要な副次評価項目である疾患活動性に関してアフリベルセプトに比べ有用性を示す

  同内容(ノバルティス) 、 ご紹介:ノバルティス ファーマ

17/11/14 ホームページ/大塚製薬/ニュースリリース

世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)」 米国承認

  同内容(大塚) 、 ご紹介:大塚製薬

17/11/14 ホームページ/中外製薬/ニュースリリース

中外製薬から太陽ファルマへの長期収載品13製品の製造販売承認譲渡について

  同内容(中外) 、 ご紹介:中外製薬

17/11/14 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリース

経口糖尿病治療薬服薬中の2型糖尿病患者さんの残薬に関する調査
2型糖尿病患者さんのうち、残薬がある人は33.1%、残薬がある患者さんには「楽観的志向」や「治療あきらめ志向」の人が多く、3人に1人は残薬を医師に申告していない

  同内容(リリー)pdf 、 ご紹介:日本イーライリリー

17/11/13 新着/おくすり110番

病気別の薬フォルダーの「造血薬」を更新(レボレード)。

  同内容(おくすり110番)

17/11/13 新着/おくすり110番

ハイパー薬事典の造血刺激薬(トロンボポエチン受容体作動薬)「レボレード錠」を改訂(効能:再生不良性貧血)。

  ご紹介:ハイパー薬事典

17/11/13 ホームページ/サノフィ/プレスリリース

サノフィとAlnylam社 トランスサイレチン型家族性(hATTR)アミロイドポリニューロパチー患者を対象としたpatisiranの第V相APOLLO試験において、肯定的な最終結果を報告

  ご紹介:サノフィ

17/11/13 ホームページ/ノボノルディスク ファーマ/プレスリリース

トレシーバに切り替えることで、費用対効果が高く、コスト削減となることがリアルワールドデータで明らかに

  同内容(ノボ)pdf 、 ご紹介:ノボノルディスク ファーマ

17/11/13 ホームページ/大日本住友製薬/ニュースリリース

ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤dasotraline(SEP-225289)の注意欠如・多動症(ADHD)を対象としたFDAによる新薬承認申請受理について

  同内容(大日本住友)pdf 、 ご紹介:大日本住友製薬

17/11/13 ホームページ/日本イーライリリー/プレスリリース

フォルテオ(テリパラチド[遺伝子組換え]注射剤)に関する新たなデータは、閉経後の重度骨粗鬆症女性患者における新規の椎体骨折及び臨床骨折のリスク低減を示した

  同内容(リリー)pdf 、 ご紹介:日本イーライリリー

17/11/13 ホームページ/薬害オンブズパースン会議

★「注目情報」更新 11月
NICEガイドラインが英国の成人をコレステロール低下剤(スタチン)の薬漬けに
「ビッグデータ」利用で経済的利益を得たい企業のもたらすバイアスが米国の医薬品規制に大きな影響
欧州オンブズマンが EMAに承認申請前の製薬企業との協議内容の公開を求める

  同内容(薬害オンブズパースン会議) 、 ご紹介:薬害オンブズパースン会議

17/11/10 ホームページ/サノフィ/プレスリリース

ステロイド依存性重症喘息患者を対象としたdupilumab第V相試験においてステロイド使用量と喘息発作回数の有意な減少および肺機能の改善を報告

  ご紹介:サノフィ

17/11/10 ホームページ/小野薬品、ブリストル(BMS)/ニュースリリース

オプジーボとヤーボイの併用療法、未治療の進行または転移性腎細胞がんの中および高リスク患者において、PD-L1発現レベルにかかわらず全生存期間のベネフィットを示す
結果では、患者の自己報告による腎臓がん症状のコントロールが、スニチニブ群と比較して、オプジーボとヤーボイの併用療法群で有意に良好であったことも示されました。

  同内容(小野)pdf 、 同内容(BMS)pdf



薬剤師におすすめ



最新刊の概要も!!



back:1~  up:21~  next:41~

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番