[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
  TOPICS
key from
ご利用法
All(全情報) 厚労省&日薬情報 新聞見出し その他情報
緊急安全性情報 医薬品等安全性情報 添付文書改訂 薬価収載等
[ 直近の 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
薬事日報    じ ほ う    医薬経済    日経メディカル

11月(1~20) down

17/11/09 ホームページ/ノバルティス ファーマ/プレスリリース

【1】ノバルティス、「レボレード」による慢性/持続性特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の長期的な疾患管理を示すデータを発表
【2】ノバルティス、ステージIIIのBRAF V600遺伝子変異陽性悪性黒色腫の術後補助療法として、「タフィンラー」と「メキニスト」の併用療法がFDAの画期的治療薬指定を取得

  【1】同内容(ノバルティス) 、 【2】同内容(ノバルティス)

17/11/09 ホームページ/大塚製薬/ニュースリリース

「トルバプタン」常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)の再申請を米国FDAが受理

  同内容(大塚) 、 ご紹介:大塚製薬

17/11/09 ホームページ/武田薬品/ニュースリリース

Relugolixの子宮筋腫に伴う疼痛を対象とした日本における臨床第3相試験の良好な結果について - Relugolix投与群のうち57.6%の患者さんで、疼痛症状が改善

  同内容(武田) 、 ご紹介:武田薬品

17/11/08 厚労省/医薬・生活衛生局監視指導課

薬局における適正な業務の確保等について徹底します

  同内容(厚労省)

17/11/08 ホームページ/アストラゼネカ/プレスリリース

アストラゼネカのアカラブルチニブ(CALQUENCE)、 既治療のマントル細胞リンパ腫 (MCL)治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より承認を取得(11/7)
MCL治療に対する選択的ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤の迅速承認を契機にアストラゼネカは血液腫瘍領域に参入
アカラブルチニブ投与患者の80%が全奏効を、うち40%が完全奏効を達成

  同内容(アストラゼネカ) 、 ご紹介:アストラゼネカ

17/11/08 ホームページ/高田製薬/ニュースリリース

製造販売承認の承継に関するお知らせ

※ゲンタシン

  同内容(高田)pdf 、 ご紹介:高田製薬

17/11/08 ホームページ/小野薬品、ブリストル(BMS)/ニュースリリース

オプジーボ、治療歴を有する進行期腎細胞がん(RCC)患者において優れた3年生存率のベネフィットを示す
オプジーボは、進行期腎細胞がんにおいて3 年生存率のベネフィットを示した初めての抗PD-1 抗体です。第V相CheckMate -025 試験において、エベロリムスと比較して死亡リスクを26%低減しました。

  同内容(小野)pdf 、 同内容(BMS)pdf

17/11/08 ホームページ/中外製薬/ニュースリリース

ALK阻害剤「アレセンサ」、ALK陽性非小細胞肺癌患者さんに対する一次治療薬として米国で承認

  同内容(中外) 、 ご紹介:中外製薬

17/11/07 ホームページ/小野薬品/ニュースリリース

オプジーボ 20mg、100mg点滴静注(一般名:ニボルマブ)台湾において「プラチナ製剤による治療歴を有する再発または転移性頭頸部扁平上皮がん」の効能・効果に関する追加承認を取得

  同内容(小野)pdf 、 ご紹介:小野薬品

17/11/07 ホームページ/武田薬品/ニュースリリース

デング熱ワクチン(TAK-003)が、小児および若年者に対してデング熱発症率の減少を示した 臨床第2相試験の18ヵ月時点の中間解析結果をLancet Infectious Diseasesにて発表

  同内容(武田) 、 ご紹介:武田薬品

17/11/06 ホームページ/アッヴィ/プレスリリース

Risankizumabが、乾癬を対象とした3つの第III相臨床試験において標準治療の生物学的製剤に比べて有意な改善を示し、二つの主要評価項目および重要な副次的評価項目を達成
最初の第III相臨床試験においてrisankizumabの12週間投与で良好な結果が報告され、局面型乾癬を対象とした第III相プログラム全体を通じて新たな安全性シグナルは検出されず
試験の結果では、risankizumabは16週時点で、ステラーラ(ウステキヌマブ)およびヒュミラ(アダリムマブ)と比較し有意に高い皮膚病変の「消失」または「ほぼ消失」(sPGA 0/1)の達成率84〜88%を示した。
1年(52週)時には、ステラーラ(21%および30%)と比較して、risankizumab投与を受けた患者さんの56%および60%が皮膚病変の完全消失(PASI 100)を達成
RisankizumabはIL-23のp19サブユニットに結合してIL-23を選択的に阻害するよう設計された開発中の化合物で、乾癬患者さんに対する長期の皮膚病変消失を維持する可能性を評価中

  同内容(アッヴィ) 、 ご紹介:アッヴィ

17/11/06 ホームページ/協和発酵キリン/ニュースリリース

【1】エボカルセトの国内第3相臨床試験結果に関する学会発表について
【2】バルドキソロンメチル(RTA 402)の国内第II相臨床試験結果に関する学会発表について

  【1】同内容(協和発酵キリン)pdf 、 【2】同内容(協和発酵キリン)pdf

17/11/06 ホームページ/三和化学研究所/お知らせ

2型糖尿病治療用配合剤、製造販売承認申請のお知らせ

※アナグリプチン(スイニー)+メトホルミン

  同内容(三和化学)pdf 、 ご紹介:三和化学研究所

17/11/06 ホームページ/大塚製薬/ニュースリリース

「トルバプタン」常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)の追加フェーズ3試験結果を発表、米国FDAに承認申請(11/5)

※サムスカ

  同内容(大塚) 、 ご紹介:大塚製薬

17/11/06 ホームページ/中外製薬/ニュースリリース

活性型ビタミンD3誘導体エルデカルシトールは中国における第III相臨床試験で骨粗鬆症患者さんの骨密度を有意に増加

※エディロール

  同内容(中外) 、 ご紹介:中外製薬

17/11/02 ホームページ/薬害オンブズパースン会議

「ベンゾジアゼピン系薬物の『使用上の注意』改訂に対する意見書」提出

  同内容(薬害オンブズパースン会議) 、 ご紹介:薬害オンブズパースン会議



薬剤師におすすめ



最新刊の概要も!!



up:1~ 

スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番