MIYA ISHIDA

facebookmixitwitter

石田美也 7月11日 東京都杉並区出身 

立教女学院時代に聖歌隊に参加、舞台女優を目指していたが、学校の英語教師のカントリーのアマチュアバンドでイベントに参加。そのライブを、女優加賀まり子の兄で演劇プロデューサー加賀祥夫氏が聞き彼の薦めでライブハウスに出入りするようになる。

大学時代、早稲田大学演劇倶楽部で舞台をする傍ら、本場米国テネシー州ナッシュビルで毎年開催されている「インターナショナル・カントリーミュージック・ファンフェア」の 新人登竜門「ランチェオン・ショー」に出演。地元ナッシュビル新聞に掲載される。
父であり、Pedal Steel Guitar奏者の石田新太郎が再結成した”シティライツ”にボーカルとして参加。 1枚目のアルバム「Country Girl」をFEI Recordよりリリース。アルバムに日本語の訳詞で LeAnn Rimesの「Honestly」を歌い、同年LeAnn Rimesと会う。 オーストラリアの音楽番組に出演。フィンランド、アイルランドのラジオ番組でも紹介される。デイリー読売にシティライツの特集が掲載。

2000年に石田美也のネットアイドルトレーディングカードがエポック社から発売。オンラインマガジンや「インターネットアイドルマガジン」、「HANAKO」、アウトドア雑誌、ネット関連雑誌、タウン誌などにも掲載。 WEB関連のイベント、テレビ出演、雑誌にも紹介される。その他グラビア等にも多く掲載。同年、写真展も開催。
2002年1月TBSテレビ「ザ・大接待」いかりや長介、ユースケ・サンタマリアらと出演。4月26日2枚目のアルバム「HIMAWARI」をリリース。 4月27日スポーツ報知にCD紹介、5月1日に毎日新聞にCDリリースの紹介記事が掲載される。夏 プロモーション活動中心に各地で歌う。秋 広島、西宮、京都、名古屋、関西方面”4都市”ツアーをシティライツと共に成功させる。雑誌「ギターマガジン」に取り上げられる。12月寺内タケシとブルージーンズのディナーショーに出演

出産のため、2006年に半年のお休みを経て活動再開。ディナーショーやライブハウス、高校での芸術鑑賞会出演、米軍基地(横須賀、厚木、佐世保)、イベント等にも出演。ウエディング雑誌モデル出演。

2010年に小坂一也氏のプロデューサー小林氏の依頼でシングルCD「東京カントリーガール/青春サイクリング」発売、ツアーを行う。/小野ヤスシ主催「ジ・オープリー」出演。 2012年米軍基地フレンドシップ/芸術鑑賞会/フジテレビめざましテレビ3世代で出演/雑誌出演

2013年に橋本杜のホールにて音楽劇「ハンク・ウイリアムス物語」を脚本・演出・主演高橋和也で行い、相手役をつとめる。 2014年西麻布新世界ひなまつりコンサート/池袋イベント出演のほかに、新宿文化センターにて音楽劇「ハンク・ウイリアムス物語」を再演する。ラジオ日本「はかま満男のはなしの種」出演

2017年「あいつ今何してるの?」出演の他、雑誌にコラム掲載、関西、関東、北海道ツアーを行なう。現在までに、自身の名前でアルバム2枚、シングル1枚、バンドとして2枚リリース。

定例ティアラこうとうコンサート

江東区と提携して、毎年2回ティアラこうとうで開催。 毎回多才なゲストを加えて行っている。 過去のゲスト:(第一回目から順に、敬称略) 坂本孝昭、三田ひろし、ケイコ・ウォーカー、ウィリー沖山、 祇園隆司(Fiddle)、大野義夫、なぎら健壱、 宮前ユキ、 ジミー時田、寺内タケシ、 寺本圭一、トミ藤山、エディ村田、デイブ久保井、山下敬二郎、小野ヤスシ、坂本しげみ、ジェームスママクワイヤー鳥塚しげき&小松久、ジャイアント吉田、マイク眞木、 ルクプル藤田恵美、高木ブー、高木麻早、西村協、佐々木ゆうこ、斉藤孝弘、はかま満男(トークショー)、高橋和也。

共演

上記コンサート共演者の他には、いかりや長介、小坂一也、ユースケ・サンタマリア、尾崎紀世彦、黒田美治等。
プレーヤーに、Weldon Myrick 、Hal Rugg 、Mike伊藤と共演。

ラジオパーソナリティー暦(1996-2002)

6年にわたり、湘南ビーチFMのパーソナリティーをつとめる。カントリー音楽番組「石田美也のHot Country Wave」プロデュースとDJ担当。インターネット配信のラジオで同時にチャットでリスナーと会話形式の 新しいスタイルのラジオ番組。他、ラジオ関西、ラジオ関東、コミュニティFM多数に出演。 アメリカCMAのInternational Radio Directory のメンバーでもある。

音楽劇「ハンク物語」

2013年に橋本杜のホールで行われた音楽劇「ハンク物語」は共演の高橋和也脚本・主演でハンク・ウイリアムス。美也は妻のオードリー・ウイリアムスを演じた。好評につき、翌年の2014年には新宿文化センターで昼夜2回公演が行われた。

↑ PAGE TOP