日本ボタン大賞

主催 一般社団法人日本釦協会 
協賛 全国ボタンエ業連合会 日本釦服飾手芸卸協同組合連合会
後援 経済産業省 洋装産業新聞社 釦手芸裁縫新聞社 繊研新聞社
日本ボタン大賞について 一般社団法人日本釦協会では日本に於けるボタン産業育成のため種々の行事を行っています。 そのひとつが、「日本ボタン大賞」の選定と表彰です。
1989年よりスタートし、今回で20回目を迎えます。
当協会の応募規程に従い、一般の方からも広くデザイン、アイデアなどを公募しております。

開催概要 日本のボタン業界の成長発展の為、ボタン大賞を設け表彰することにより、 業界の活性化及び品質やデザインの維持向上を図ることを目的としています。

選考基準 すべての作品は市場のニーズに合う商品価値を参考にして、 紳士、婦人、シャツ・ブラウスの3部門にて審査します。
 ●クオリティ部門・・・機能性に優れ、製作技術の熟練度が高く
           洗練された品質(素材の良さも含む)
 ●デザイン部門 ・・・品位も備えた独創的デザイン
 ●アイデア部門 ・・・未来性を秘めた斬新なアイデア
発表・表彰式  2018年9月7日(金)
 大阪市中央区本町橋 マイドームおおさかにて発表・表彰式を実施します。
 また、業界新聞紙上に発表すると共に、直接応募者に通知します。
選考委員  ●委員長‥デザインルームヒロセ代表 田中智之
 ●副委員長‥一般社団法人日本釦協会 理事長 大隅洋
                   副理事長 堤嘉章・杉若直樹
 ●委 員‥・経済産業省関係者
      上田安子服飾専門学校校長 田島等
      ㈱尾原デザインスタジオ代表取締役 尾原久永
      成安造形大学名誉教授 早川雅明
      日本釦服飾手芸卸協同組合連合会(会長 松井誠司)

表彰制度

日本ボタン大賞‥・3部門の中より大賞中の大賞 1名(又1団体)
         「経済産業大臣賞」賞金10万円・賞状・賞牌
日本ボタン大賞優秀賞‥・3部門合わせて10名(又は10団体)
         賞金2万円・賞状・賞牌
優秀賞10点より田中智之審査委員長・田島等審査委員
  尾原久永審査委員・早川雅明審査委員
  日本釦服飾手芸卸協同組合連合会より5点の「特別賞」
  ECO賞、トレンド賞3部門合わせて各1名(又は各1団体)
         賞金1万円・賞状・賞牌
日本ボタン大賞奨励賞‥‥‥3部門合わせて10名(又は10団体)
         賞状

選考方法

A総会において選任された実行委員による第1次審査会を開催し、応募作品
 の中から部門に留意しながら、20点を各委員が投票し、投票数の多い60
 点を第1次審査合格品とします。
B審査委員による最終審査会を開催し、第1次審査を通過した作品を応募さ
 れた部門に留意しながら各10点を投票し、投素数の多い上位21点を決定
 します。投素数同数の場合は再投票か委員長裁断とします。
 前述21点の中から最高得点の1点を大賞(経度大臣賞)として決定し、
 続いて上位10点を優秀賞とします。さらに得点順位による10点を奨励賞
 とします。なお、優秀賞10点より特別賞を5点選定します。
 また、審査委員の選考によりECO賞・トレンド賞各1点を選定します。

応募締切

2018年6月1日(金)までのクリエーショワーク対象
作品搬入 2018年6月6日(水) 事務局必着

応募作品:業界及び一般の方が自ら製作したボタン。デザインと製作が異なるときはデザイン考案者を応募
人とします。作品の素材・寸法・表材は自由です。但し、寸法は用途に応じた寸法とします。

応募方法

1点毎に横6cm縦15cmの白色無地のボタン台紙の上部から3分の1程度の
位置にボタンを強い糸で付け、その下に作品の特色等を記入して下さい。
台紙上部に、応募部門名を記入して下さい。(複数部門にわたっても可)
台紙裏面には応募票を一部糊付けして貼って下さい。応募票には素材・用途・
製作年月・社名(又は個人名)・住所を記入して下さい。
個人応募の方は、電話番号又はメールアドレスも記入してください。

応募先

現金封筒で応募手数料及び申込書(社名又は個人名・住所・応募点数・応募手数
料金額)2通複写にて作成し、返信用封筒(宛名記載し切手貼付)を同封の上、
応募手数料(1点につき2,000円)を下記のところにお送り下さい。
折返し、申込書の1通に受付印を押印し返送します。
作品搬入時でも申込みを受付けます。(申込書の形式は自由)

  〒541-0058
   大阪市中央区南久宝寺町2-1-2竹田ビル5F
   一般社団法人日本釦協会 日本ボタン大賞事務局宛
   TEL 06-6262-4827

●注   意

・選考の結果についての異議は受理しません。
・保管の責任、受理した作品の保管については、この法人においてその責
任を負います。但し、正常な管理状態のもとにおいて生じた不可抗力による
損害についてはその責任を負いません。
・応募作品については、業界宣伝広報のため、撮影・新聞掲載・解説・放送等
を自由に行うことができます。
・必要に応じ入選作品を以って、日本ボタン大賞展を開催し、一般に公開する
ことができます。
・応募された作品の著作権は原則、応募者に帰属します。
・入賞作品やその画像等は日本釦協会HP、業界広報活動の目的で、広告・
展示・宣伝等に使用する場合があります。


●応募作品は、当協会において保管させて頂きますが、返送ご希望の方に
は着払いにてお送りします。但し、3年後には処分します。応募費用は一切
応募者の負担です。