ヨコハマ・ラジオナイト・フライデー・スペシャル



1997年2月7日19:30から23:00まで
出演:大瀧詠一、ビーター・バラカン


大変面白く聴きました。 新発見をいくつか。


因みに私のベスト3を強いて挙げれば以下の通りです。

【BEST 3】 Dave Clark Five, Peter & Gordon, Manfred Mann

以下に番組でかかったリバプール・サウンドを載せてみます。(一行解説も追加です。)
聞き取りなのでSpell Missはご勘弁のほど。

  1. I Want to Hold Your Hand/Beatles
    昔のラジオではこの曲を繰り返しかけていたのを覚えています。
  2. A House of The Rising Sun/Animals
    B面はレイ・チャールズの「Talkin' About You」
  3. Trains and Boats and Planes/Billy. J Kramer & The Dakotas
    バート・バカラックの作品。このグループはレノン=マッカートニィの作品が多い。
  4. Love Potion #9/Seachers
    Coastersのカバーで有名だがオリジナルはClovers。邦題『恋の特効薬』
  5. Bus Stop/Hollies
    Hollies最大のヒット。元10CCのグレアム・グールドマンの作品。
  6. Stay/Hollies
    Maurice Williams and the Zodiacsがオリジナル。確かFour Seasonsもカバーしている。
  7. 5-4-3-2-1/Manfred Mann
    Moonridersが「My Name is Jack」をカバーしている。
  8. Semi-detached Suburban Mr. James/Manfred Mann
    chapter two:THE BEST OF THE FONTANA YEARSというCDに入っている。
  9. I Love You/Zombies
    日本ではグループ・サウンズのカーナビーツがヒットさせた。
  10. She's Not There/Zombies
    B面は「You Make Me Feel Good」
  11. All Day and All of the Night/Kinks
    「You Really Got Me」「Waiting for You」とこの曲がたて続けにヒットした。
  12. Dedicated Follower of Fashion/Kinks
    邦題『きざな奴』。ピーターさんは『ファッションの奴隷』と訳していた。
  13. I'm a Boy/Who
    ピート・タウンゼントのギター奏法のかっこよさは映画『ウッドストック』でもみれる。
  14. I'm Henry VIII, I am/Hermans Hermits
    デビュー曲、『朝からごきげん』の作者はキャロル・キング。
  15. In My Room/Walker Brothers
    邦題『孤独の太陽』。当時、スコット・ウォーカーの人気は凄かった。
  16. Sha-la-la-la-lee/Small Faces
    スモール・フェイセズは後、ハンプル・パイとフェイセズを生み出す。
  17. Every Little Bit Hurts/Spencer Davis Group
    ブレンダ・ハロウェイもカバーしている。
  18. Little Bitty Pretty One/Paramounts
    オリジナルはボビー・ディ。デイブ・クラーク・ファイブもやっている。
  19. Concrete and Clay/Unit 4 Plus 2
    最近、野田幹子が日本語でカバーしている。
  20. Come On/Rolling Stones
    オリジナルはチャック・ベリーだが、バディ・ホリーの「Not Fade Away」のカバーもある。
  21. With a Girl Like You/Troggs
    邦題『僕はあなたに首ったけ』
  22. Honey I Need/Pretty Things
    グループ名はボ・デッドリーの曲からとっている。
  23. On The Move/Dave Clark Five
    ラスト・ナンバーは『5人の週末』の中に入っているインスト・ナンバー。


インデックス・ページへ