今日の話題ログ
第3回青空音楽会レポート

特集:バリー・マンVS.キャロル・キング


期日:2002年10月5日(土)午後1時半より10時頃まで

場所:武蔵小山駅下車0.5分『ペットサウンズレコード』ビル4階

参加者:森さん、松山さん、前島さん、富田さん、松繁さん、高瀬さん、石原さん、恵美さん、詩子ちゃん、杉江さん、島村さん、子安さん、出田さん、細川さん、木幡さん、寺田さん、菅野さん、高橋さん、浅沼さん、波多野さん、石川以上21名。

内容:今回バリー・マンVS.キャロル・キングというテーマを思いついたのは最近知り合ったバリー・マン専門家の松山さんといろいろお話しをする機会があり、その中で私がもっと積極的に自分の音源を公開したらどうか、というようなことを持ちかけ、それに応じて松山さんからいつかそういう場を提供してください、というメールをいただいたことがきっかけでした。バリー・マンだけでは話しが専門的になってしまうので、そうだ、森さんも引っ張り出してキャロル・キングも一緒に紹介したら面白いだろう、というノリでお二人をかつぎ出しました。幸いそのアイデアをブランディンのイベントの際、仲間に伝えたところみんな興味を示してくれたので荷の重いテーマではありましたがやってみることになりました。日取りが決まってからは公私ともに忙しくなってしまい十分に準備のできないままのスタートとなってしまいました。でもやってよかったと思っているのはみんな楽しそうに遅い時間までいてくれたからでした。完璧なリストを作ってきてくれた松山さんの意向に答えられたとは思いませんが後半は完全に彼の一人舞台となりました。全部紹介できなかった無念さを晴らすため、松山さんの許可を得てここに当日配られたリスト(改訂版)を掲載させていただきます。そして更にアセテイト盤を中心にレア音源を聴かせてくれた森さんにもお礼を申し上げたいと思います。森さんなくしては今回の目玉音源が聴けなかったので、居合わせた方々は随分得をした気分になったことでしょう。会場のシングル盤コレクションはまだ飾ってありますから見たい人は直接お店でお願いしてはいかがでしょうか。それではたっぷりと松山さんのバリー・マン・ソングリストと今日の話題の関連ログを続けてご紹介しましょう。


Blue Sky Concert

3rd: Carole King vs. Barry Mann


At 4F Mori Building, Musashi-koyama, Tokyo on October 5, 2002

Part of Barry Mann selected and ‘turned around’ by Tadashi Matsuyama

Explanatory notes: song title/ performer (composer, label number, released year [highest charted position of “Billboard”])

Section 1: By Japanese Performers
Remember Me Baby/ Tatsuro Yamashita (Barry Mann-Cynthia Weil, Air RAL-6501, 1980)
Hey Baby I'm Dancin'〔踊ろよ,ベイビー!〕/ Three Funkies (Barry Mann-Mike Anthony, Toshiba JP5177, 196?)
I Love How You Love Me〔わすれたいのに〕/ Moko, Beaver, Olive (Barry Mann-Larry Kolber, Express EP-1135, 1969)
You've Lost That Lovin' Feeling/ Yoshie Mizutani (Barry Mann-Cynthia Weil-Phil Spector, Toho AX-4003, 1972)
Come Easy/ Ryoko Moriyama (Barry Mann-Cynthia Weil, Philips FX8064, 1973)
You Turn Me Around〔遠くからみちびいて〕/ Hi-fi Set (Barry Mann-Cynthia Weil, Toshiba EMI ETP72268, 1977)
You Baby/ Ann Lewis (Barry Mann-Cynthia Weil-Phil Spector, Victor Ongaku Sangyo SJX-30029, 1980)
We're Gotta Get out of This Place〔朝日のない街〕/ the Suzuki (Barry Mann-Cynthia Weil-Keiichi Suzuki [translation], Metrotron COMPACTRON-56, 1998)

Section 2: By Various Country Performers
We're the Guys/ Morecambe & Wise (Barry Mann-Gerry Goffin-Bob Feldman- Jerry Goldstein, EMI 45-POP 957, England, 1961)
N.B. The answer song to “Who Put the Bomp (in the Bomp, Bomp, Bomp).”
Baby Come Home/ Max Merritt and the Meteors (Barry Mann-Cynthia Weil, Parlophone NZP.3213, New Zealand, 196?)
N.B. The same as “Come Home Baby.”
Feelings/ Frieze (Barry Mann-Cynthia Weil, Sparmac Productions SPR012, Australia, 1971)
I Love How You Love Me/ Tracy Huang (Barry Mann-Larry Kolber, EMI EMGS 5005, Singapore, 1976)
Let the Song Last Forever/ Dan Hill (Barry Mann-Dan Hill, GRT of Canada 9230-1079, Canada, 1978)
Soul and Inspiration/ the Hamlins (Barry Mann-Cynthia Weil, Cox Sone CS-198, Jamaica, 19??)
You've Lost That Lovin' Feeling/ Lionel Petersen (Barry Mann-Cynthia Weil-Phil Spector, Disques Esperance ESP 155 522, the Republic of South Africa, 1975)
Blame It on the Bossa Nova/ Charlotte (Barry Mann-Cynthia Weil-H.V. Broekhoven [translation], PICO 115, the Netherlands, 19??)
Peace, Brother, Peace/ Jeremy London (Barry Mann-Cynthia Weil, Barclay 61 186, France, 19??)
We Gotta Get Out of This Place (Io Lavoro)/ Al Bano (Barry Mann-Cynthia Weil, Odeon PSQ 048, Italy, 1967)
We've Gotta Get out of This Place (Verdammt, wir mussen raus aus dem Dreck)/ Udo Lindenberg with Eric Burdon (Barry Mann-Cynthia Weil-Lindenberg-Konigstein [translation], Telefunken 6.28475 DT, Germany, 1979)

Section 3: Hidden Treasures
I Really Want to Know You/ the Partridge Family (Barry Mann-Cynthia Weil, Bell 6050, 1970)
The Sad Gypsy/ Jose Feliciano (Barry Mann-Gerry Goffin, RCA LSP-4045, 1968) It’s Getting Better/ the Vogues (Barry Mann-Cynthia Weil, Reprise RS 6314, 1968)
Heart to Heart/ Errol Sober (Barry Mann-Cynthia Weil, Number One 215, 1979[65])
Find Me/ Holly Near (Barry Mann-Holly Near, Calico Tracks Music CTM 0002, 2000)
Christmas Vacation/ Mavis Staples (Barry Mann-Cynthia Weil, Paisley Park PRO-S-3878, 1989)
N.B. From a movie, “National Lampoon's Christmas Vacation” released in 1989.
How Are Things in Paradise/ Garry Miles (Barry Mann-Mike Anthony, Liberty F-55738, 1964)
Look at Us/ John Pizzarelli (Barry Mann-Cynthia Weil, Novus 01241 63172-2, 1994)
Love Lives On/ New York City Gay Men's Chorus (Barry Mann-Cynthia Weil-Bruce Broughton-Will Jennings, Virgin Records America 2-91647, 1991)
None of Us Are Free/ Ray Charles (Barry Mann-Cynthia Weil-Brenda Russell, Warner Bros. 7599-26735-2, 1993)
Shape of Things to Come/ George Benson (Barry Mann-Cynthia Weil, CTI/A&M SP-3014, 1969)
We're Over/ Barry Mann (Barry Mann-Cynthia Weil, Casablanca NBLP 7228, 1980)

Section 4: Awful Blunders
Mr. Jones, I Love Your Daughter/ Steve Rossi (Barry Mann-Cynthia Weil-Gerry Goffin, ABC Paramount 45-10414, 1962)
Everybody Wants My Boy Friend/ the Bon Bons (Barry Mann-Art Kornfeld, Coral 62435, 1964)
Lonely Mixed-up Girl/ the Charaydes (Barry Mann-Cynthia Weil-Roger Christian, Monument MN45-991, 1966)
Lonely Mixed-up Girl/ the Vogues (Barry Mann-Cynthia Weil-Roger Christian, Varese Sarabande VSD-5680, 1996)
You've Lost That Lovin' Feelin'/ Morgan Fisher (Barry Mann-Cynthia Weil-Phil Spector, Cherry Red ?, 1979)
Just Once/ Nester Sanchez (Barry Mann-Cynthia Weil, Sonador NR-252, 19??)

Section 5: Around Elvis Presley
I Just Can't Help Believin'/ Elvis Presley (Barry Mann-Cynthia Weil, RCA LSP-4445, 1970)
Pray for Me/ Ral Donner (Barry Mann, Gone LP 5012, 1961)
Hard Times Ahead/ Janis Martin (Barry Mann-Noel Sherman, Palette PZ 5058, 1960)
I'm Mad at Me/ Wanda Jackson (Barry Mann-Mike Anthony, Capitol 5228, 1964)
One Wonderful Love/ Ray Smith (Adams-Cage-Everette-Murphy-Shelton-Yancey, Judd 1019,1960[103])
N.B. The above is partly similar to the following one. Flip side is “Makes Me Feel So Good” composed by W. Walker and M. Wilkin, which differs from the same title song, as the one composed by Barry Mann, included in “Barry Mann: Inside the Brill Building/ Complete Recordings” (Brill Tone BMW111, 1998). The title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
A Begger with a Dream/ the Five Satins (Barry Mann-Noel Sherman, Cub K9077,1960)

Section 6: Mystery Train
I Play the Part of a Fool/ Rocky Hart (Barry Mann-Hank Hunter, GLO 216, 1961)
N.B. The song title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
Part of a Fool/ Robin Luke (Jack Keller-Hank Hunter, Dot 45-16229, 1961)
N.B. The song title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
I Played the Part of a Fool/ the Mellokings (-, Relic 7008, 1991)
N.B. Printed only “Unreleased” on the back cover of the reissue CD album.
Part of a Fool/ Sal Mineo (-, Taragon TARCD-1092, 2002)
N.B. Printed “Unknown” at the item of composers on the liner notes of the reissue CD album.
She's Just Another Girl/ Anthony Newley (Barry Mann-Mike Anthony, London 45-LON XAM 5201V, U.S.A.,1963)
She's Just Another Girl/ Anthony Newley (Barry Mann-Cynthia Weil, Decca F.11636, England, 1963)
N.B. The song title is found on BMI song list of Barry Mann and Cynthia Weil.
Early in the Morning/ Ike & Tina Turner (-, Blue Thumb BTS11, 1969)
N.B. The song title is found on BMI song list and “B. Mann-C. Weil” is printed as the composers of “Early in the Morning” on the liner notes of “Ike & Tina Turner Ultimate Collection Four CD Set” (Classic World Production Inc. CWP 9901). But their names cannot be found on the original media anywhere. “Early in the” is found on BMI song list of Barry Mann.
A Little Less Talk, a Little More Action/ Julie Joyce (-, Design DSR-812, 1958-59)
N.B. Printed “Round Music (BMI)” as the publisher on the label. “Little Less Talk” is found on BMI song list of Barry Mann.

Section 7: In Practice, Are You Barry and Cindy, Aren't You?
A Love to Last a Lifetime/ Barry Mann (Noel Sherman-Jack Keller, JDS 5002, 1959)
They Could Be Wrong/ Buddy Brooks (Paul Evans-Jack Reardon-D. Fleichhacker, Eagle 1001, 1958)
Dix-A-Billy / Buddy Brooks (Woody Harris-Paul Evans-Jack Reardon, Eagle 1001, 1958)
Falling from Paradise/ Bobby Brown (Barry Mann, Curio Q100, 1960?)
Falling from Paradise/ Bobby Brown (J. Barry-B. Goldstein, Pak 1313, 1960?)
N.B. Printed “Trinity Music” as the publisher on both the above labels.
The song title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
Interview with Barry Mann (-, Solid Gold Scrapbook, 1990)
N.B. For the radio program of Unistar, American radio networks, on January 26, 1990, “Songwriter Salute: Barry Mann and Cynthia Weil”
I Do, I Do, I Do/ the McGuire Sisters (Barry Mann-Cynthia Weil, Coral 62288, 1961)
N.B. Barry Mann married Cynthia Weil in 1961.
Interview with Barry Mann and Cynthia Weil (-, Solid Gold Scrapbook, 1988)
N.B. For the radio program of United Stations, American radio networks, on August 8, 1988, “Barry Mann & Cynthia Weil!”
Miss Prim's Theme/ Miss Prim and the Classroom Kids (Barry Mann-Cynthia Weil-Mike Anthony, Amy 872, 1963)
The Toddle/ Miss Prim and the Classroom Kids (Barry Mann-Cynthia Weil-Mike Anthony, Amy 872, 1963)
Come Live with Me/ Shadow Mann (Art Wayne, Tomorrow’s Productions TP0001, 19??)
Dressed in Black/ Shadow Morton (Morton-Michaels-Gormann, Diamond Recordings GEMCD 025, 1998)
One by One/ Shadow Mann (Art Wayne, Tomorrow’s Productions TP0001, 19??)

Section 8: Dedicated to Barry, Cindy, “Each” and Tatsu
Where Have You Been (All My Life)/ Arthur Alexander (Barry Mann-Cynthia Weil, Dot 45-16357, 1962[58])
Remember Me Baby/ the Earls (Barry Mann-Cynthia Weil, Old Town 1182, 1965)
Let Me Be the One/ Peaches & Herb (Barry Mann-Cynthia Weil, Date 2-1649, 1969[74])
Rock and Roll Lullaby/ B. J. Thomas (Barry Mann-Cynthia Weil, Scepter SCE12344, 1972[15])

Extra Section:
The Rest of “Billboard” Charted Songs Which the Participants Have Turned around
Discoveries Which Were Found out after December, 2000
Absolutely Green/ Dom DeLuise and St. Patrick's Cathedral Choir (Barry Mann-Cynthia Weil, Warner Bros. 16100 [VHS], 1994)
N.B. From an animation movie, “A Troll in Central Park” released in 1994.
All the Money in the World/ New Money featuring James House (Barry Mann- John Lewis Parker, New Design MRC-1024, 1987)
N.B. From a movie, “Million Dollar My$tery” released in 1987.
Beyond Love/ Suzanne Klee (Barry Mann-Harry Shannon, EMI Electrola 1C 064-76 025, Germany, 1978)
N.B. Original presses were probably released on EMI 13C062-76025 in Switzerland.
Christmas Vacation/ Mavis Staples cf. Section 3
Cream Puff/ Jimmy Boyd (Barry Mann-Mike Anthony, MGM K12788, 1959)
N.B. The song title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
Don't Blame the Bossa Nova/ Jackie Mason (Barry Mann-Cynthia Weil, Verve 10289, 1963)
N.B. The answer song to “Blame It on the Bossa Nova.”
Find Me/ Holly Near cf. Section 3
Five Foot Deep in Teardrops/ Tex Williams (Barry Mann-Larry Kolber, Liberty 55537, 1963)
N.B. Printed “Five Feet Deep in Teardrops” as the title on his album, “Voice of Authority” (Imperial LP-9309/ LP-12409, 1966).
Friends Like Us/ soundtrack (Barry Mann, Warner Bros. 16100 [VHS], 1994)
N.B. From an animation movie, “A Troll in Central Park” released in 1994.
Give It Love/ Miss Linda George (Barry Mann-Cynthia Weil, Image ILP-741, Australia, 1974)
Goin' Along for the Ride/ Donna Delory (Barry Mann- John Lewis Parker, New Design MRC-1024, 1987)
N.B. From a movie, “Million Dollar My$tery” released in 1987.
Good-byes/ soundtrack (Barry Mann- John Lewis Parker-Al Gorgoni, New Design MRC-1024, 1987)
N.B. From a movie, “Million Dollar My$tery” released in 1987.
Hard Times Ahead/ Janis Martin cf. Section 5
The Heart Must Have a Home/ Kim Carnes (Barry Mann-Georges Delerue-Will Genings, Atlantic/ Paramount 12594 [VHS], 1987)
N.B. From a movie, “Summer Heat” released in 1987.
Heart to Heart/ Errol Sober cf. Section 3
I Gave My Love/ Jackie Mason (Barry Mann-Cynthia Weil, Verve 10289, 1963)
N.B. Adapted from a folk song known as “I Gave My Love a Cherry.”
If It's Love You're After/ Jr. Tucker (Barry Mann-Cynthia Weil, Geffen GHS 4009, 1983)
Just for You, Baby/ the Shillings (Barry Mann-Cynthia Weil, Fontana F-1543, 1966)
N.B. The same as “You Baby.”
Let the Rumors Fly/ Gerry Granahan (Barry Mann-Sherman, Gone 5065, 1959)
Look at Us/ John Pizzarelli cf. Section 3
Love Doesn't Ask Why/ Celine Dion (Barry Mann-Cynthia Weil-Phil Goldston, Columbia CK 57555, 1993)
Love Is the Light inside Your Heart/ Rickie Lee Jones (Barry Mann-Will Jennings, New World Video A87030 [VHS], 1988)
N.B. From an animation movie, “Pinocchio and the Emperor of the Night” released in 1987.
Million $ Mystery/ New Money featuring James House (Barry Mann- John Lewis Parker, New Design MRC-1024, 1987)
N.B. From a movie, “Million Dollar My$tery” released in 1987.
Mother Nature's Song/ Phyllis Diller (Barry Mann-Stephanie Tyrell,
Worldvision 8045 [VHS], 1993)
N.B. From an animation movie, “Happily Ever After” released in 1988.
The song title cannot be found on BMI song list of Barry Mann.
Pray for Me/ Ral Donner cf. Section 5
Sally Played the Tambourine/ Laura Yager (Barry Mann-Cynthia Weil, Ovation OVQD1436, 1974)
The Singer/ Miss Linda George (Barry Mann-Cynthia Weil, Image ILP-741, Australia, 1974)
The Stroll That Stole My Heart/ Georgia Gibbs (Barry Mann-Noel Sherman, Imperial 5652, 1960)
Women/ Harry Belafonte (Barry Mann, RCA 74-0628, 1971)
Your Seventeenth Spring/ Marty Wilde (Barry Mann-Larry Kolber, Epic 5-9392, 1960)

Written and permitted by Tadashi Matsuyama



Sat, 5 October 2002

さて、いよいよ本日はペットサウンズの4階で楽しいイベントを決行する日となりました。どうなりますか、出席できなかった方のために詳細レポートは後日載せることにしますが、本日の話題はこの1枚の日本盤シングルを掲げて会の成功を祈ることとしましょう。A面が「恋はボサ・ノバ」イーディ・ゴーメ、B面が「かなわぬ恋」スティーヴ・ローレンスというカップリングで勿論A面がバリー・マン=シンシア・ウェルの作品でB面がキャロル・キング=ジェリー・ゴーフィンの作品ですね。実はこのシングル盤が今回の企画のヒントとなったことは今日まで内緒にしておりました。それにしてもこんなカップリングが成立するアーティストも凄いし、バックのサポート・メンバーも凄いと思いませんか。本日はたっぷりバリー・マン、キャロル・キング関連の音源に浸ってみようと思っています。


Sun, 6 October 2002

昨日のイベントは盛況のうちに無事終了しました。参加していただいた皆様やパネラー役の松山さん、森さん、それに準備を手伝ってくれた前島さん、ありがとうございました。それにしても予想通りの長丁場となってしまい、ヘトヘトに疲れて帰ってきました。(途中で帰られた方は損をしたかも)でもこういう疲れならストレスにはならないのでたまにはいいなとも思いました。イベントのレポートは明日以降ゆっくりさせていただくとして今日はその余韻を楽しみつつ森さんの紹介してくれたキャロル・キングのレア音源や松山さんの蘊蓄たっぷりのバリー・マン・トークやきちんと整理してくれたリストを振り返りながら復習してみようと思っています。それにしてもどんどん濃い内容になっていく松山さんのお話しはご本人は語り足りないようでしたが十分勉強になりました。ハイライトはやっぱり水谷良重のカバーした「ふられた気持ち」でしょうかね。本人の日本語訳詞が秀逸で、ご本人は真面目に歌っているのですが、それがまた失笑を買っていました。今回のレアものの中で予想外に受けていましたね。


Mon, 7 October 2002

さて昨日残してきた荷物をペットサウンズまで車で取りにいき森さんと二人だけの反省会となりました。いつも思うことですが私のわがままな要求に快く応えてくれ会場を貸してくれ、おまけに素晴しいディスプレイまでしてくれた森さんのホスピタリティに先ずは感謝しなくてはなりません。それとイベントを企画してみると分かることですが、いつもあのようなイベントを主催されているブランディンの宮治さんの大変さが身にしみて分かりました。でも気のおけない仲間たちに囲まれ、好きな音楽を聴いている時間が私にとってはかけがいのない時間なので、そんな苦労も吹っ飛んでしまうような一日でした。今回の主役は明かにバリー・マンを熱く語ってくれた松山さんで、彼なくしてはできなかったと思っています。松山さんという新しい音楽仲間に出会えたことが私にとっては収穫でした。結局私が勝手に紹介したキャロル・キング・サイドのアーティストはジーン・マックダニエルズとスキーター・デイヴィスでしたが松山さんほどではないものの他にもいろいろ紹介したいアーティストがいて進行役の特権で随所にそれらの音源をかけさせていただきました。特に「Go Away Little Girl」の聴き比べはその後の森さんの凄い音源を導き出すきっかけとなって嬉しかったです。(尚この日の写真は富田さんが別の場所にフォト・アルバムを載せてくれており、見たい方がいればこちらをクリックしてパスワードmanncaroleを入れれば見れるようになっています)


Tue, 8 October 2002

今回の主役、森さんと松山さんです。森さんが紹介してくれたものは「Go Away Little Girl」をキャロル・キングが歌っているアセテート盤を皮切りにシャネルズと大瀧さんが新宿のルイードで共演したライブ手撮り音源から「Who Put The Bomp」や76年にシュガー・ベイブがカバーした「On Broadway」などの貴重なライブ音源を松山さんのためにとかけてくれました。さらにアニマルズのヒットで有名な「Don't Bring Me Down」という曲を何とキャロル・キングがカバーしたヴァージョンも聴かせてくれ、大変得をした気分になりました。また最後に残った方々のためにライチャスがカバーしている「Hung On You」というキャロル・キング作品を「So Hung On You」というタイトルで本人が歌っているレア盤等を紹介してくれて私ならずとも参加してよかったと思った方も多かったのではないでしょうか。特に最後まで残ってくれた数名のためにかけてくれた「So Hung On You」は楽曲、歌ともに素晴しい出来でこれが埋もれたままになっているのが惜しい気持ちにさせられます。松山さんは何と90数曲ものリストを用意してきて様々な角度からバリー・マン=シンシア・ウエルの作品を紹介してくれました。勿論全部は紹介できませんでしたが、それでも40曲くらいはかけられたでしょうか。とにかくその研究熱心なアプローチには頭が下がる思いでした。全てレアな音源で私がここで全て紹介できませんが、ホセ・フェリシアーノの「The Sad Gypsy」やレイ・チャールスの「None of Us Are Free」、ジョージ・ベンソンの「Shape of Things To Come」、マクガイア・シスターズの「I Do I Do I Do」など興味深い音源のパレードでした。(実はゲーリー・マイルズという人の「How Are Things In Paradise」という曲が一番心動かされたのですが・・・)松山さん、いろいろ心残りもあったでしょうがみんな驚いたと思いますよ。お疲れさまでした。


Wed, 9 October 2002

今回も参加していただいた方々が持ち寄った音源も紹介させていただきましたが逐一ご紹介できないのでざっと振りかえってみましょう。まず私の番の次にバリー・マン派ということでメールをいただいた富田さんからやっていただきました。ジョニー・ソマーズの「I'm Gonna Know He's Mine」という曲をかけてくれました。富田さんをはじめサーカスタウンのメンバーの方は今度の19日(土)秋葉原のダイナミック・オーディオでイベントをやるということで少しその宣伝もしてもらいました。その次に登場してもらったのはナイアガラMLのご常連、松繁さんでキャロル・キング作品からはロジャー・ニコルスの「Snow Queen」、バリー・マン作品からはB.J.トーマスの「Rock And Roll Lullaby」という王道の曲を選んでもらいました。B.J.トーマスがかかったのでつい私も『SONGS』から「I've Been Alone Too Long」という曲を無理やりかけさせてもらいました。これはウゴウゴの15回目の70年代男性シンガー特集の際にも選んでもので殊更思い入れが深いバリー・マンの作品だったのでした。


Thu, 10 October 2002

続いてご登場していただいた方はちょっと遅れてやってきた高瀬さんで、やはりキャロル・キング派ということでディー・ディー・ワーウィックの「Yours Until Tomorrow」というシングル盤をかけてもらいました。この曲、調べたらジーン・ピットニィやトム・ジョーンズ、エンゲルベルト・フンパーティングなどがカバーしていました。たまたま昨日聴いた1枚ということで選んでもらったのですが、私はもしかしたらスキーター・デイヴィスやジーン・マクダニエルズをかけられてしまうのではと思い、さっさと先にかけてしまったのでした。それくらい彼の趣味と私の好みは一致することが多いのです。続いてこちらもご常連の石原さんに登場してもらい、キャロル・キングのカーネギー・ホールのライブから「Will You Still Love Me Tomorrow? 〜 Some Kind of Wonderful 〜 Up On The Roof 」というメドレーと桑田佳祐が歌うバリー・マン作品から「Just Once」のライブ音源を紹介してもらいました。どちらも石原さんの原体験が重なっていて大変印象に残るナンバーでした。


Fri, 11 October 2002

引き続きナイアガラ・サウンド研究会の杉江さんからはPaul Petersenの「My Dad」、それとサーチャーズの「Where Have Been」等をかけてもらいました。杉江さんのアプローチはキャロル・キング、バリー・マンの裏に大瀧さんのナイアガラ・サウンドがあるという推理の元に選んだ楽曲で私の従来の興味と合致していました。大瀧さんご本人に聴かせたらいろいろコメントをいただける分析をしているので、いつか接点があるといいですね。そしてバリー・マンの論客、島村さんにもご登場いただいて双方のレア音源を紹介してもらいました。島村さんはレコファンで購入した大量のシングル盤から未開封のスーザン・カウシル(カウシルズのお姉さん)の「It Might As Well Rain Until September」と伊東ゆかりの「テレフォン」をかけてもらいました。そういえば島村さんは今年、土橋さんが主宰しているラジオ番組でバリー・マン特集をやったとかでその時のお話しをしてもらえばよかったのですが、話題をふるのを忘れてしまい大変失礼しました。また今回、急遽欠席となってしまった土橋さんからも話しが聞けず残念な思いがしました。(補足:その後、土橋さんからメールをいただき、当日かけたかった曲を教えてもらいました。それによると「THE YOUNG ELECTRIC PSYCHEDELIC HIPPIE FLIPPY FOLK & FUNKY PHILOSOPHIC TURNED ON GROOVY 12 STRING BAND」/BARRY MANN(Capitol P 2082/7 inch Single)という大変長いタイトルの曲でアルバム未収録のレア音源のようです。こちらも聴いてみたいものですね。)


Sat, 12 October 2002

更にブランディンの常連、出田さんからはゴールデン・ハーフのカバーした「ロコ・モーション」をかけてもらいました。ちょっとジャケットが恥ずかしいものでしたがこちらも初めて聴く音源でした。またゲストの最後に業界の大御所、子安さんにも珍しい音源を紹介していただきました。それはデイブ・メイソンのカバーした「Will You Still Love Me Tomorrow?」や現在廃盤となってしまっているモコ・ビーバー・オリーブのアルバムから「忘れたいのに」というバリー・マン・ナンバーや子安さんが手がけたストレイというグループのカバーした「Crying In The Rain」を持ってきてくれ、こちらも大変楽しめました。特に最後の「Crying In The Rain」はアレンジが佐久間さんという方でハード・ロック調に仕上っており珍しいカバーとなっていました。ということでざっと参加者の音源を紹介してみましたが、こうしてそれぞれのバリー・マン、キャロル・キングを聴いてみるといろいろな発見があって面白かったです。


Sun, 13 October 2002

さて1週間前に行ったイベント「青空音楽会」のレポートもこれで終りとさせていただきますが、あれから参加してよかった、とか大変勉強になった、とかまた参加させてください、といった内容のメールを複数の方々からいただきました。こちらこそ忙しい中、長時間に亘って参加していただき感謝しております。ご返事がままならない部分もありましたのでこの場を借りてメールをお寄せいただいた方々、並びに参加していただいた皆さんに改めてお礼を申し上げます。また最後に素晴らしいシングル盤ディスプレイで迎えてくれたペットサウンズの森さん、集大成のリストまで配ってくれた松山さんに深謝して10月5日のイベントのレポートを締めさせていただきます。また気が向いたら面白い企画を考えてみたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。


インデックス・ページへ戻る。