今日の話題ログ
ペットサウンズ4階から愛をこめて(青空音楽会・番外編)


期日:2002年5月26日(日)午後1時過ぎより8時頃まで
場所:武蔵小山駅下車1分「ペットサウンズ」ビル4階

内容:僭越ながら私を取り巻く音楽仲間とそのお薦め曲を中心に紹介する日曜の午後の一時ということではじめましたがいろいろ至らない点が多く、退屈な思いをさせてしまったかもしれません。でも私にとってはメンバーといい、かかった曲といい、最高のセレクションでした。

出演順にお名前とかかった曲を挙げておきます。もし間違った表記をしていたらお許しください。

0. 石川(立原さん):思い出のワルツ/雪村いづみ、(SP)Till I Waltz Again With You / Teresa Brewer,(SP)夜の銀ブラ/バートン・クレーン、舗道の薔薇/ベティ稲田、リキー宮川、スウィング東京/ディック・ミネ、僕は若い殿様/ディック・ミネ、(SP) Love Is Here To Stay / Johnny Long, Our Love Is Here To Stay / Chris Montez, (SP) Smile / Sunny Gale

1. 大久保さん:1. Just Got A Call On Me / Cansells, 2. Raining / Pebbles, 3. Exile / Pebbles, 4. Open Up Your Eyes / Nudge'em All, 5. I Make Believe to Knock My Head / Mama Guitar

2. 宮本千賀さん:1. I wanna Be Your Girl / Rural, 2. あした天気になれ / Rural, 3. (SP) Blues Stay Away From Me / Delmore Brothers, 4. Mississippi Moon / Jimmie Rodgers, 5. Mississippi Serenade / Greg Brown

3. 宮治さん:1. Sunrise Highway / Peter Anders, 2. Sunrise Highway / Spurrlows, 3. Sunrise Highway / Brucks Arthur, 4. You Gave Me Somebody / Vince Hill, 5. (SP) Gomennasai / Eri Chiemi & G.I. Joe

4. 森さん:1.夢見るシャンソン人形 / フランス・ギャル、2.夢見る想い / ジリオラ・チンクエッティ、3.大人になりたい / コニー・フランシス、4.ハートで歌おう / ガス・バッカス

5. ひろみさん:1. Si Tu Dois Partie / Fairport Convention, 2. Song For Greg / Gentle Soul

ここでちょっと休憩
6. 土橋さん:1. Thru Spray Colored Glasses / Dino, Desi and Billy, 2. Hey Jude / Godfrey Daniel 3. Tell Me Why / BOX, 4. Water Colour / 杉真理、5. Love Will Keep Us Together / Santo & Johnny

7. 高瀬さん:1. Vienne Avec Moi(I Know This Place) / Petula Clark, 2. Christiansen On T'avait Prevenue / France Gal, 3. Mon Oncle / Le Vieux Quartier, 4. Don't Talk To Him / Cliff Richard, 5. A Matter Of Moments / Cliff Richard

8. 子安さん:1. Happy Days / Pratt & Macren, 2. 若いって素晴らしい / 槇みちる、3. 田舎道(ライブ音源) / 大瀧詠一、4. All I Have To Do Is Dream / 大瀧+山下

9. 浅沼さん:1. (SP) KE KALI NEI AU / George Kainapau, 2. (SP) Repeat After Me / Pattie Page, 3. (SP) HUKILAU / Jacob Kelikea's Hawaiians

10. 石原さん:1. 時報〜番組テーマ(Shut Down vol.2)2. Biggest Bestest Blessing/Craig Nuttycombe, 3. Like the Rain/Lambert&Nuttycombe, 4. 水曜の朝午前3時/Simon&Garfunkel, 5. That Silver Haired Daddy of Mine/Simon&Garfunkel, 6. I'm Here To Get My Baby Out of Jail/Everly Brothers, 7. Kentucky/Everly Brothers, 8. Kentucky/Louvin Brothers, 9. Are You Missing Me/Jim&Jesse, 10. Salty Dog Blues/Morris Brothers, 11. Rollin' in My Sweet Baby's Arms/Monroe Brothers, 12. Brown's Ferry Blues/Delmore Brothers

11. 富田さん:蘇州夜曲 / Breath By Breath

12. 杉江さん1. Zoom / Apricots, 2. Zoom / Cadillacs, 3. Sandy / Ronny & Daytonas, 4. Be Good To Your Baby / Ronny & Daytonas, 5. Hold Me Baby / Ronny & Daytonas

13. 松繁さん:今回は音源の持参はありませんでした。次回よろしくお願いいたします。

14. 寺田さん:1. Degree of Murder / Brian Jones, 2. Ring Them Bells / Bob Dylan, 3. Jacksons Medlley

15. 島村さん:1. Just Like Gene Autry / Moby Grape(78rpm), 2. There's Be Another You / Four Freshmen, 3. In This Whole Wide World / Four Freshmen, 4. How Can I Tell Her / Four Freshmen

16. 高橋さん:1. Night Rider's Lament / Garth Brooks, 2. Pick Up The Tempo / Jerry Jeff Walker

17. 森さんAGAIN:(Guess who Quiz)1. To Know Him is To Love Him / Mark Bolan, 2. Blue Velvet / 梓みちよ

18. 三木さん(石川AGAIN):1. I Will / Ben Taylor, 2. Hung Up In Your Eyes / La Costa, 3. Miss The Mississippi And You / Jimmie Rodgers, 4. Miss The Mississippi And You / Jerry Lee Lewis, 5. Miss The Mississippi And You / David Ball, 6. (SP) Lonesome Town / Rick Nelson


Mon, 27 May 2002

楽しく忙しい一日があっという間に終ってしまいました。『ペットサウンズ4階から愛をこめて』と題して企画した蓄音機を聴くイベントはやや時間をオーバーしたものの何と20数名という参加者に恵まれ無事終了しました。進行役としてはいろいろ反省点の多いイベントでしたが森さんをはじめ、いろいろな方々のご好意により何とか最後までたどりつくことができました。でも長い時間付き合っていただいた方々や遠路はるばるお越しいただいた方々にはちょっと済まない気がしています。もう少し聴く側の立場に立って司会をすればよかったかな、とか自分のことばかり話してしまって退屈な思いをさせた人もいたのではないかと心配しています。やっぱり20何人をさばくのは難しいことだなと自らの非力さを恥じています。今日は一言だけ森さん、そして奥さんに大変お世話になったことを重ねてお礼申し上げたいと思います。(詳しいレポートは明日以降に譲るとしましょう)


Tue, 28 May 2002

昨日はまさにブルー・マンディ・フィーリングといった感じでなかなか仕事モードに入れないで苦労しました。『ペットサウンズ4階から愛をこめて』のイベント・レポートを続けたいのですが、実は後悔ばかりで多少へこみ勝ちです。気を取りなおして先ずは当日の準備の模様から日記風に振り返ってみましょう。1時スタートでしたが2時間前には会場入りしてしまい、森さん夫妻と一緒に会場のセッティングをしました。森さんのご配慮で壁にシングル盤が飾られ、音楽を聴く雰囲気が漂ってきました。控え室の方にもポータブル電蓄を置いて、壁のシングル盤が聴きたい人はそこでかけられるようにしました。でも1時近くなっても肝心のメンバーが現れず、ちょっと不安のまま4階のベランダからバザーで賑わう下を窺っていると土橋さん、富永さんと見覚えのあるお顔を発見。慌てて自分だけ昼飯を食べに出かけてしまいました。定刻を回った頃、会場にかけ戻ると高瀬さんや杉江さん、松繁さん等々賑やかなメンバーにほっとして立ち話しタイムとなってしまいました。粗方メンバーが揃ったのでおもむろに開会を宣言して先ず自分の音源から紹介することにしました。最初にかけたのはSPではなく、最近気に入っている雪村いづみの3枚組CDからデビュー曲、「思い出のワルツ」を。その後、この曲のオリジナルであるテレサ・ブリュワーの「Till I Waltz Again with You」をSP盤で紹介し、引き続き蓄音機でバートン・クレーンの「夜の銀ブラ」を聴いてもらうことにしました。そしてその流れで北海道からこの日のためにMDを送ってくれた立原さんのリクエストにお答えすることにしたのです。


Wed, 29 May 2002

北海道の立原(霧の中のトニー)さんのリクエストは5曲とも日本のナツメロ・ソングで、その中から私は「舗道の薔薇」(『舗道の囁き』という映画の主題歌)とディック・ミネの「スウィング東京」(『鴛鴦歌合戦』という映画の関連ソング)を選びました。それには理由があって両方とも立原さん経由で知ることのできた戦前の日本映画関連の曲だったからです。立原さんのことを話し出すととてもこのコーナーでは語り尽くせないほどの人なのでさらっと流しますが、この私が唯一継承者として語り繋ぎたい重要人物なのです。『舗道の囁き』と『鴛鴦歌合戦』に関しては私の最近の映画コーナーをご覧いただきたいのですが、「舗道の薔薇」という曲は服部良一作品の中でも大変レベルの高い曲だと思っています。ベティ稲田とリキー宮川という戦前を代表する2世歌手のデュエットもすばらしい出来です。因みに他の3曲を挙げておくと「ドリームハウス」リキー宮川、「お山の楽隊」岸井明、それに李香蘭の「マイタングエ」という曲でいずれも時間があれば紹介したい佳作なのですがスイマセン、2曲しか紹介できませんでした。(写真は『舗道の囁き』で監督・主演もこなした日本のジョニー・ワイズミラーこと、鈴木傅明です。この人がかっこいいんです)


Thu, 30 May 2002

私のSP盤に絡めた音源を紹介した後、トップバッターに指名したのは大久保さんでした。密かに復活ののろしを上げていた彼のWEBページは最近の私の愉しみの一つでもあるのです。大事にしたい人なのでトップに指名しましたが、彼の持ってきた音源は全て日本のインディーズ・バンドという選曲でした。それがまた大久保さんらしいのですが、もの静かな中に熱いものを持っている生粋のライブ愛好家でした。彼の選曲リストは1. Just Got A Call On Me / Cansells, 2. Raining / Pebbles, 3. Exile / Pebbles, 4. Open Up Your Eyes / Nudge'em All, 5. I Make Believe To Knock My Head / Mama Guitarというものでした。私は最初にかかったビートルズをほうふつとさせる福岡のバンド、キャンセルズに心動いてしまいました。誰か知っている人いますか?


Fri, 31 May 2002

2番目に登場してもらったのは宮本千賀さんで、多分私と二回り位歳が離れているのにいろいろ共通点が多い女の子なのです。最近、ジミー・ロジャースのことばかり話題にしている私ですが、千賀ちゃんはずっと前にジャケットが気に入ってアナログ盤を購入し、ジミーの故郷まで訪ねてしまったという折り紙付きのジミー・ロジャース・フリークです。その証拠に写真で手に持っているのはジミーの日本盤の8枚組全集で、こんなものをうら若き乙女が買い揃えているのですから恐るべしという感じです。勿論、この日もジミー・ロジャースの話題で盛り上がったことは言うまでもありませんが今彼女が夢中のザ・バンドのことを話すのを忘れてしまいました。この日千賀ちゃんが紹介してくれた音源がまた凄くて、先ず今週末久し振りのライブを行うルラルの新曲(「I Wanna Be Your Girl」)とはっぴえんどのトリビュートの最終選考まで残った「あした天気になれ」のカバー(この2曲が聴けただけでもイベントをやった甲斐がありました)とデルモア・ブラザーズのSP盤、それにジミー・ロジャースのアナログ盤「Mississippi Moon」、そしてグレッグ・ブラウンという人の「Mississippi Serenade」という5曲で、いずれも私の興味を駆り立てるに十分の内容でした。さすが、千賀ちゃんと改めて感心させられました。


Sat, 1 June 2002

3番目にご登場いただいたのはお忙しい中わざわざ駈けつけてくれた宮治さんで、お相手は森さんにお願いしてしまいました。宮治さんの持ちこんだ音源はアンダース=ポンシア関連のものが中心で、「Sunrise Highway」という彼らの曲をピーター・アンダース、スパロウズ、ブルックス・アーサーといった個性豊かな人達がカバーしているものを続けて紹介してくれ、大変為になりました。続けてVince Hillというイギリスの男性シンガー(ジャケットがかっこよかった!)が「You Gave Me Somebody To Love」というアンダースン・ポンシアの作品をやっているのも紹介してくれ、最後に私のリクエストに答えてくれてSP盤でChiemi Eri & G.I. Joeの「Gomennasai」という摩訶不思議な曲を紹介してくれました。その後、森さんが壁に展示したシングル盤は宮治さんを意識したものということで日本語で歌ったフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」やジリチンの「夢みる想い」、コニー・フランシスの「大人になりたい」、ガス・バッカスの「ハートで歌おう」などをかけてくれ、こちらも森さんならではの嗜好が溢れている選曲でした。続けて無理やりひろみさんにも登場してもらいフェアポート・コンベンションの「Si Tu Dois Partie」というディランのカバー曲のフランス語版やGentle Soulというシンガーソングライターの「Song For Greg」という曲をかけてもらい大変ラッキーでした。


Thu, 6 June 2002

しつこいようですがまた例のイベントの話題に戻ってみようと思いますが、実はこうして一人一人紹介していくと均等に皆さんを紹介しないとフェアでないように感じてしまうのですがこのビデオからの映像が前半の方々に限られてしまうので後半にやっていただいた方はレポートのみとさせていただきます。ということで次のゲストは音楽ライターで有名な土橋さんです。土橋さんの選曲リストは1. Thru Spray Colored Glasses / Dino, Desi and Billy, 2. Hey Jude / Godfrey Daniel 3. Tell Me Why / BOX, 4. Water Colour / 杉真理、5. Love Will Keep Us Together / Santo & Johnnyというものでしたが、いずれも大変レアな音源で私を含むナイアガラーの方々も満足していただいたのではないでしょうか。そういえば明日西麻布のマグナシーというところで土橋さん企画の『ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY Vol. 17』というイベントがあります。夜8時から深夜までやっていますので興味ある方は是非顔を出してください。店の電話番号は3405-9420です。


Fri, 7 June 2002

土橋さんの次にお願いしたのは現在、土橋さんと同じオフィスにいる高瀬さんというデザイナー兼ライターの方でした。高瀬さんとは世代は違うのですがいろいろな分野で趣味の合う珍しい間柄だと思っています。彼のこの日の選曲は1. Vienne Avec Moi(I Know This Place) / Petula Clark, 2. Christiansen On T'avait Prevenue / France Gal, 3. Mon Oncle / Le Vieux Quartier, 4. Don't Talk To Him / Cliff Richard, 5. A Matter Of Moments / Cliff Richardというもので最近ロンドン、パリを旅行してきたということででヨーロッパものを中心に選んでもらいました。特に途中でお帰りになった富永さんという友人がこの高瀬さんの選曲にとても関心を示しておられました。尚高瀬さんの次は子安さんと浅沼さんで選曲リストは次の通りでした。●子安さん:1. Happy Days / Pratt & Macren, 2. 若いって素晴らしい / 槇みちる、3. 田舎道(ライブ音源) / 大瀧詠一、4. All I Have To Do Is Dream / 大瀧+山下。●浅沼さん:1. (SP) KE KALI NEI AU / George Kainapau, 2. (SP) Repeat After Me / Pattie Page, 3. (SP) HUKILAU / Jacob Kelikea's Hawaiians(それと当日のビデオ撮影は高瀬さんにお願いしました。ありがとうございました)


Sat, 8 June 2002

後半の方々を一気にご紹介しますが写真がないので一人ずつ紹介できないでその選曲リストのみ紹介しておきます。●石原さん(私のリクエストに応じて彼のプライベイト放送からDJ風に紹介してもらいました。カントリー系をよく勉強されていて頭が下がります):1. 時報〜番組テーマ(Shut Down vol.2)2. Biggest Bestest Blessing/Craig Nuttycombe, 3. Like the Rain/Lambert&Nuttycombe, 4. 水曜の朝午前3時/Simon&Garfunkel, 5. That Silver Haired Daddy of Mine/Simon&Garfunkel, 6. I'm Here To Get My Baby Out of Jail/Everly Brothers, 7. Kentucky/Everly Brothers, 8. Kentucky/Louvin Brothers, 9. Are You Missing Me/Jim&Jesse, 10. Salty Dog Blues/Morris Brothers, 11. Rollin' in My Sweet Baby's Arms/Monroe Brothers, 12. Brown's Ferry Blues/Delmore Brothers、●富田さん(サーカス・タウンのページでも紹介していた素晴しいコーラスでした):蘇州夜曲 / Breath By Breath、●杉江さん(ナイアガラ・サウンド研究の気鋭だけあって下敷きソング風の曲を中心に紹介していただきました):1. Zoom / Apricots, 2. Zoom / Cadillacs, 3. Sandy / Ronny & Daytonas, 4. Be Good To Your Baby / Ronny & Daytonas, 5. Hold Me Baby / Ronny & Daytonas 、●寺田さん(ディランの話しをもっと話してもらえばよかったでしょうか):1. Degree of Muder / Brian Jones, 2. Ring Them Bells / Bob Dylan, 3. Jacksons Medlley、●島村さん(長らくお待たせして申し訳ありませんでした):1. Just Like Gene Autry / Moby Grape(78rpm), 2. There's Be Another You / Four Freshmen, 3. In This Whole Wide World / Four Freshmen, 4. How Can I Tell Her / Four Freshmen、●高橋さん(写真ありがとうございました):1. Night Rider's Lament / Garth Brooks, 2. Pick Up The Tempo / Jerry Jeff Walker、●森さんAGAIN(クイズ形式で珍しいカバー曲を聞かせていただきました):1. To Know Him is To Love Him / Mark Bolan, 2. Blue Velvet / 梓みちよ


Sun, 9 June 2002

当日参加できなかった方で私がいつもお世話になっている三木さんのリクエストを紹介しましょう。1曲目は私がカーリー・サイモンの「Eve'ry Time We Say Goodbye」という曲のバックでベン・テイラーという人がコーラスに参加している、とこのコーナーで書いたところ、早速それはジェームス・テイラーの息子でこんな映画音楽に参加しているといって教えてくれたものです。ビートルズの「I Will」をジェームスそっくりに歌っているのが印象的でした。もう1曲はソニー・カーティス作曲の「Hung Up In Your Eyes」という曲をタニア・タッカーのお姉さん、ラ・コスタが歌っているものでこれも焼き物でいただいたものでした。バックにジェームス・バートンなどの実力派のミュージシャンが加わっており三木さんの興味をそそるに十分の曲でした。というわけで後半駆け足での紹介となってしまった5月26日のイベント報告ですがこれで終了とさせていただきます。実はまだ会場には蓄音機とSPが置いてあるので興味を持った方は森さんにお願いすればかけてくれるかもしれません。忙しい中、参加いただいたみなさんに改めてお礼を申し上げたいと思います。また企画しますので奮ってご参加ください。


インデックス・ページへ戻る。