声優コレクションVol.17


97.4.20

藤井ジャンボのイベントレポート

イベント終了後のインタビュー


「坂本真綾ちゃんのイベントレポート」

12時半過ぎに、ゲストの浪川大輔さん&藤枝成子さんと一緒に劇場入りした坂本さん。声優コレクションの打ち合わせ以来の再会と云うことで、楽屋で楽しそうにお喋りしている3人…

今回は、坂本さんのニューアルバム「グレープフルーツ」の先行予約を受け付け、予約をしてくれた人には直筆サイン色紙をプレゼントするため、お喋りの合間を見つけては、一生懸命ペンを走らせていました。「緊張してますか?」と声をかけると、「イベントはやったことあるんですけど、こんな正式なライブは初めてなんですよ…」とちょっぴり不安気な表情を見せましたが、「私、直前になるまで緊張しないタイプなんですよ。いつも、出の直前にもの凄く緊張するんです!」とニッコリと可愛い笑顔!坂本さんのミニコンサートが目玉となる今回のライブ、リハーサルでは、一曲一曲をしっとりと唄い上げておりましたが、時たま歌詞がポロリとこぼれるハプニング…4曲目の「MY BEST FRIEND」は、自ら英語の歌詞で唄うことを志願したそうです。「英語ぽくないでしょ〜」と照れていましたが、このジャンボ、思わずじっくりと聴きいってしまいました…

MCのパンチさんが30分遅れると云うことで、パンチさん抜きで全体リハーサルを始めることになり、パンチさんの代わりをジャンボが務めることになりましたが、ここで思わぬハプニングが…ライブに来た人はご存じだと思いますが、進行の説明をしている時、いきなりジャンボの差し歯が飛んでしまったのです!?自分でもビックリしてしまいましたが、その光景を目のあたりにした3人&スタッフは大爆笑…笑いを取ったのはちょっぴり嬉しかったのですが、前歯のない自分のふにゃけた顔を思いだし、すぐに拾ってつけようとしたものの、なかなか巧く入らずにオロオロするばかり…その姿に、またまた大爆笑の運びとなりました。

リハーサル終わりに「唄の仕上がりはどうですか?」と訊ねると、「MCがいないんで、合間の喋りの方が心配です。ライブでの喋りは初めてなんですよ。ラジオでは、いつも独りになるとわけがわからなくなっちゃうんです。だから、ちょっぴり心配ですね…」と喋りの方をしきりに気にしておりましたが、さて本番では…

MCのパンチさんの呼び込みで、元気に登場した坂本さん!シャツには、しっかりとJJA(ジジア)のマークが入っていました。

トークでは、「好きな男性のタイプは、山本太郎さんに河相我聞さんにトータス松本さんです。この間、デパートに行ったら山本太郎さんがいたんですよ。友達と追跡していたら、試着室に入っていったんです!思わず、覗いちゃおうかと思いました!?」 「一番デートしたい場所は、友達の家の屋根の上ですね。家族が留守の時に、そ〜と昇りたいです!」「ファンレターを貰うようになりましたけど、私も作家の人にファンレターを書いたことがありますよ…少女小説家の中原涼さんなんですけど、返事は全然来ませんでした」などの発言が連発されて場内は大爆笑の連続となりました。

浪川さんと藤枝さんを呼び込んでのトークでは、浪川さんの秘芸☆つぶやきシローのモノマネが飛び出したり、藤枝さんの客席逆ツッコミが炸裂する異次元空間となりましたが、ここでも出たのがパンチさん必殺の番組おねだり出演攻撃です。坂本さんのやっているNACK5のラジオ番組に、浪川さんと藤枝さんがゲストに出た話を聞きつけるや、「ボクも出して下さいよ〜」と坂本さんを始めに、浪川さんと藤枝さんにもおねだり!?パンチさんに迫られた浪川さんは、「私が出しましょう!」と胸を一瞬だけ張っておりましたが、果たして、この行方はどうなるのでしょうか?(※詳細はレポートしていきます)

ミニコンサートでは、「Feel Myself」「オレンジ色とゆびきり」「約束はいらない」「MY BEST FRIEND」「風が吹く日」「そのままでいいんだ」の全6曲をスウィートに唄いあげてくれました。
心配していた独り喋りの方は、4分の予定だったのですが、なんとノリにノリまくり15分近くも喋るハッスル振りで、逆にスタッフが巻きを入れるほどでした。プレゼントコーナーでは、アルバムのタイトルにちなんでサイン入りグレープフルーツを差し出す坂本さん。ホント、憎めないキャラクターを持った人です。(職人さんが大好きな坂本さんは、浪川さんのプレゼントが当たったお客さんの職業が大工さんと知るや、「私、職人さんが大好きなんです!将来は、絶対にお寿司屋さんか大工さんと結婚するんです!」と断言しておりました。坂本さんと結婚したい人は、今から職人修業を始めるべし!)



イベント終了後のインタビュー


ジャ「ライブが終わっての感想は?」

坂本「みんなで喋っている時はいいんですけど、コンサートの時には緊張しましたね」

ジャ「ボクも、ちょっと心配していたんですけど、心配無用のハッスル振りでしたね!スタッフが、巻きを入れてたぐらいですよ?」

坂本「そうみたいですね(笑)ぜんぜん気がつかなかったですよ…でも今日は、初めてのことがいっぱいありましたね」

ジャ「唄の方はどうでした?」

坂本「リハーサルでは間違っちゃったんですけど、本番では間違えなかったです」

ジャ「ファンの人から、アコムの無人くんのポスターをプレゼントされてましたけど、あれはなんだったんですか?」

坂本「前にやったイベントの時に、“今、いちばん好きなキャラクターは無人くん”て言ったからです。」

ジャ「あのポスターは、電車の中吊り広告ですよね。どこで取って来たのか?は、せんさくしないほうがいいですね(笑)ニューアルバムの曲なんですけど、坂本さんが作曲した曲は何曲あるんですか?」

坂本「2.5曲です(笑)最後の仕上げを、作詞家の先生にお願いした曲が一曲あるんですよ(笑)」

ジャ「どんな時に、歌詞が浮かんできます?」

坂本「唄う日まで、ず〜と考えていますね。長い間ず〜と考えているんですよ」

ジャ「次々と浮かんでくるわけじゃないんですね?」

坂本「当たり前ですよ!ホント、頭が変になっちゃうくらい考えますよ」

ジャ「でも、ちょっと安心しましたよ。次々に、あんなイイ曲を書かれたら、ボクたちのような仕事がなくなっちゃいますよ(笑)好きなミューシシャンはだれですか?」

坂本「クイーンの大ファンです。」

ジャ「ボクも大ファンですよ!フレディーマーキュリーの“ザ・グレート・プリテンダー”なんて、聴いてると涙が出てきますよね!」

坂本「その曲は知りません!」

ジャ「いい曲なんで、ぜひとも聴いて下さいよ…他に、好きなミュージシャンはいますか?」

坂本「よく聴くのが、スピッツにチャラ、それにUAですね」

ジャ「映画好きの坂本さんの、最近のお薦めはありますか?」

坂本「最近、ちょっと観に行く時間がなかったんですけど、エビータとスリーパーズの前売り券は買ってます」

ジャ「2つとも話題の映画ですね。それでは最後に、ファンへのメッセージをお願いします」

坂本「今日は立ち見の人がいましたけど、お金を払ってるんですか?」

ジャ「もちろんですよ。なんでですか?」

坂本「そこまでして来てくれたと思うと、すごく元気づけられたんです。だから、唄の方も思いっきり唄えたと思うんです」

ジャ「これを読んでるファンも、坂本さんの言葉に元気づけられると思いますよ。そのファンの人たちへのメッセージをお願いします」

坂本「私、ステージの上に立つと、アホみたいになっちゃうんですよ(笑)でも立ち見の人まで出て、心から嬉しいですね。日曜日に、こんなに集まってくれた人たちに、心から感謝します」

ジャ「おつかれのところを、ありがとうございました」