一般社団法人日本釦協会は1956年に設立され約60年の歴史を持つ、日本における「服飾ボタン」のための唯一の政府公認団体です。会員数は74社(2016年4月現在)になります。当協会は日本に於けるボタン産業育成のため種々の行事を行っておりますが、その ひとつが、"日本ボタン大賞"の選定と表彰です。1989年よりスタートし2014年で第18回目を迎えました。

〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町2-1-2 竹田ビル5F
一般社団法人 日本釦協会  担当:川上

TEL:06-6262-4827 FAX:06-6266-0334  
メールでのお問い合わせはこちらまで

ボタングランプリの発表及び表彰式はファション界で広くご活躍されている著名な先生方を迎え、隔年の秋口に行われております。選考審査には、選考審査は、一般社団法人日本釦協会の応募規程に従い、広く一般の方からもデザイン、アイデアなどを公募しております。

第19回「日本ボタン大賞」は2016年9月9日(金)に大阪「マイドームおおさか」にて開催予定です。応募作品の中から7月の最終審査を経て日本ボタン大賞・経済産業大臣賞等が決定いたします。前回開催された第18回日本ボタン大賞(2014年)の各受賞作品は以下のリンクからご覧ください。

 

第19回日本ボタン大賞作品の募集要領はこちら

第18回日本ボタン大賞作品の詳細はこちら

「ボタンの日」の由来は、明治3年(1870年)にヨーロッパスタイルのネイビールックが日本海軍の制服に採用され、 前面に2行各9個、後面に2行各3個の金地桜花のボタンをつけることが決められたことによります。この年の出来事を記念して、 日本のボタン業界が昭和62年(1987年)に11月22日を「ボタンの日」と定めました。また、ボタンの漢字である「釦」の文字は、 太政官布告の際にボタンの文字がなく、服の口に金属製品を入れて紐の代用にする意味から「紐釦」と書き、 これをボタンと読ませることを採用したのが始まりといわれています。

2014年ボタングランプリ応募要領   2016年ボタングランプリ応募要領
2016.4.22
第19回日本ボタン大賞応募要領を掲載しました
2014.5.1
第18回日本ボタン大賞応募要領を掲載しました。
2012.10.1
第17回日本ボタン大賞受賞作品等のリンクを作成しました
2012.4.30
 ホームページをリニュアルいたしました。